ソファを置かない選択肢!リビングを使いやすくする方法とは

リビングのインテリアを素敵にしようと考える時、お部屋の中心にソファを置くことを想像する方も多いのではないでしょうか。

リビングでくつろぐソファというのは確かに素敵なものですが、現在はソファを置かないおしゃれなお部屋を実現している方もたくさんいらっしゃいます。

使いやすいリビングに、ソファは本当に必要なのでしょうか。

ここでは、ソファを置かない選択肢について、メリットとデメリットを踏まえてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

変幻自在!「緑色」のソファには何色のラグを合わせる?

やさしい緑色のソファは、穏やかな雰囲気が魅力ですよね。木製家具にマッチするので、ナチュラルテ...

食器棚の扉が閉まりにくい!自分でできる修理・できない修理

長い間使っていると、どんなものでも劣化したり、壊れてきてしまうものです。キッチンをすっきりと...

カラーボックスはカビが生えやすい!カビ対処方法と予防策

カラーボックスにカビが生えた経験がある方も、多いのではないでしょうか。購入しやすく、使い...

シングルベッド2台置き!子供も喜ぶ快適な寝室作りのコツ

新婚カップルや子育て世帯が寝室に置くベッドを選ぶときに、シングルベッドを2台並べて寝る方法を検討...

メタルラックの分解術!かたい棚を安全に楽に外すコツとは?

棚とポールを自由に組み合わせてレイアウトできる人気のメタルラック。しかも、最近は小さいサイズ...

ソファをリメイクやDIYをしてお気に入りの場所にしよう!

ソファは寛ぐ場所であり、インテリアの印象を左右する重要なアイテムです。しかし、いざ探してみる...

ダイニングスペースの窓にはどんなカーテンがおすすめ!?

家族が集まって食事や会話をする、大事なダイニング空間には、どのようなカーテンが向いているのでしょ...

一人暮らしのベッドは折りたたみ式がおすすめ!特徴と選び方

折りたたみベッドは、一人暮らしをしている人におすすめな家具です。しかし、折りたたみベッドの特...

バスチェアでお風呂をおしゃれに!タイプ別の特徴をご紹介!

お風呂で使うバスチェア、購入する時に皆さんは何を基準にしているでしょうか。バスチェアを購入す...

賢いベッド選び!一人暮らしにおすすめの安いベッドの種類

最近では、床に布団を敷いて寝るよりも、ベッドで寝るスタイルが好きな人も多くいます。昔に比べて...

処分にお金を掛けたくない!ベッドの引き取り無料サービス

不要家具の中でもベッドはサイズが大きく、処分には頭を悩まされるものですよね。ゴミとして処分す...

テレビ周りのインテリア!スッキリとコーディネートするコツ

多くのご家庭では、皆が集うリビングにテレビが設置されていると思います。テレビは、1日の中でも...

ロフトベッドを活用したインテリア!後悔しない賢い選び方

ロフトベッドの購入を検討しているものの、インテリアの雰囲気がどう変わるのか不安をお持ちの方はいら...

四畳半の子供部屋を広く見せるコツ!ベッドと机の選び方は?

四畳半というと、かなり狭いお部屋というイメージがあります。そのため、子供部屋にベッドと机、両...

家具のセールは時期が決まっている?購入はいつがおすすめ?

家具というのは値の張るものも多いため、できるだけ安価に購入することができたら嬉しいものです。...

スポンサーリンク

リビングにソファを置かないことのメリット

リビングにソファを置かないとなると、「くつろぐ場所がない」「落ち着かない」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ソファのないリビングには意外とメリットが多いものなのです。

・リビングが広く開放感がある

・掃除をする時に楽

・子どもの落下を防ぐことができる

・お部屋が散らかりにくい

まず、一番大きなメリットは、何と言ってもお部屋を広く使えるということでしょう。

ソファはくつろげる大きさがある分、お部屋で占める面積も非常に大きいものです。

ソファを置かないだけで、リビングは広々と開放感があり、掃除機も気持ち良く一気にかけることができます。

また、つかまり立ちを始めたばかりの子どもは、ソファによじ登ることができても降りることは難しいと考えます。

ソファからの転落は、小さな子どもにとっては大きな怪我に繋がる可能性もあるでしょう。

さらに、ソファがないことでお部屋が散らかりにくいということもあります。

例えば、仕事から帰ってきて鞄や上着を置く時、ソファがあると「そこへ置いてしまってそのままになる」ということが起きてしまいがちなのです。

床に荷物を置くと「片付けなくては」という意識が働くことも考えられますが、ソファは高さもちょうど良いので、つい物置きにしてしまうことが多いものです。

このように、ソファを置かないというだけで得られるメリットはたくさんあるのです。

リビングにソファを置かないことでデメリットも?

前項でリビングにソファを置かないことによるメリットをご紹介しましたが、メリットが多くてもデメリットがないというわけではありません。

リビングにソファを置かないと、デメリットもいくつかあります。

・お客さまに座っていただく場所に悩む

・フローリングだと直接座るのは硬いと感じる

・リビングのインテリアが決まらない

家族だけで過ごす場合には、リビングで立っても座っても寝転んでも、個人個人が思いのままにくつろぐことができます。

しかし、お客様をお部屋に通す場合、ソファやクッションなどがないと、どこへ座っていただけば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

和室の客間など、座布団をおすすめできる場所であれば良いのですが、フローリングの上だと直接座っていただくのは硬くて申し訳ないという気持ちになってしまうかもしれません。

床の硬さ対策には、ソファに替わるクッションやラグなどが必要となります。

さらに、ソファがあるとリビングのインテリアがまとまりやすいのですが、広々と空いている空間だとおしゃれなインテリアに見せるためにはそれなりに工夫が必要となります。

もちろん、これらのデメリットは工夫次第で変えることはできますが、ソファを置いたほうが早いと考える方もいらっしゃるかもしれません。

ソファなしリビングのデメリットを解消するには?

さて、リビングにソファを置かないデメリットをご紹介しましたが、デメリットを解消するにはどのようにしたら良いのでしょうか。

お客様をお通しすることができて、硬い床にも座らずに済む一番簡単な方法として、ダイニングセットを置くことをおすすめします。

ダイニングテーブルにも様々な種類があり、食事を取るためだけのシンプルな作りのものがあれば、くつろぐことも想定している、ゆったりとした作りのおしゃれなものもあります。

ダイニングとリビングがひと繋がりの空間になっているのなら、ソファを置かない分はスペースに余裕があるので、少し大きめのおしゃれなダイニングセットを置いてみるのも良いのではないでしょうか。

中でも特におすすめしたいのは、イスにひじ掛けの付いているソファタイプのダイニングセットです。

ソファタイプのイスを採用しているダイニングセットは、全体的に高さのないロータイプが多く、圧迫感を感じることのない作りが多いものです。

食事を取った後にそのままくつろぐこともできますし、くつろげるタイプのイスはお客様をお通ししても違和感はないと考えます。

家族が多い場合には、イスの数が増える分ダイニングテーブルが大きくなってしまうので、スペースを節約するためにも、テーブルの片側だけをベンチタイプのイスにしてみるのも良いです。

もう片側は、やはりお客様をお通しすることを考えて、ひじ掛けタイプのイスを用意しておくほうが無難と言えます。

腰痛や足に痛みを抱えている方は特に、座る時に負担のないダイニングセットを置くと快適に過ごすことができます。

日本ならではのリビング!ちゃぶ台生活もおすすめ

ソファを置かないデメリットを解消するもうひとつの方法として、昔ながらのちゃぶ台を置いて床に座るスタイルがあります。

ソファをなくしてお部屋を広くしたのに、ダイニングテーブルを置くと狭くなってしまうのは嫌だと感じる方もいらっしゃいますよね。

それならば、食事はカウンターで取ったりコンパクトなダイニングテーブルを置くことにして、お客様は別の形でお通しするのも良いでしょう。

もちろん、ちゃぶ台で食事をするのも良いですね。

ちゃぶ台に座布団を合わせるか、座椅子を置いて座る形をとればお客様をお通しすることに違和感がありません。

床に直接座るのは、室内で靴を履かない日本ならではのスタイルですから、かえって落ち着くと感じる方も多いのではないでしょうか。

ただし、その場合には床の硬さをやわらげる必要があります。

例えば、厚手の絨毯やラグを敷いたり、座布団や座椅子を当て心地の良いものにして、座った時にできるだけ床の硬さを直に感じることのないようにしましょう。

座椅子の中には、立座りをサポートしてくれるタイプもありますから、高齢者の方や脚の悪い方でも座りやすいものを選ぶことができます。

リビング側にだけ置き畳を敷いて、和の空間を作ってみるのもおすすめです。

ものを置くとその分掃除の手間は増えますが、ソファとは違いちゃぶ台は立てかけることができますし、座椅子や座布団は重ねて片付けることが可能です。

疲れた時には、ごろりと寝そべることができるのも、畳ならではの楽しみ方と言えるでしょう。

ソファの代わりにリビングに置きたい家具や雑貨

ここでは、ソファを置かないリビングにおすすめの家具や雑貨をご紹介しましょう。

●ビーズクッション

ソファの代わりにこちらを利用している方も多いのではないでしょうか。

近年、全身を預けられるような大型のビーズクッションの人気が高くなっています。

座り心地はソファ以上という声も多く聞かれています。

●パーソナルチェア

一人で深く腰掛けることのできるパーソナルチェアは、座り心地が良く、ソファほどスペースをとることのない贅沢なイスです。

シンプルなものであれば女性一人で動かすことも可能なので、ソファよりも掃除はしやすいと考えます。

●ホットカーペット

冬に限ってではありますが、ホットカーペットがあるなら断然床座生活がおすすめです。

ソファがあるとホットカーペットの暖かさを存分に味わうことができません。

●こたつ

やはり冬に限りますが、近年は和の空間を作らなくても洋室に合うこたつがたくさん販売されています。

こたつ布団とカバーでインテリアを楽しむこともできます。

ソファを置かないリビングの使い方

リビングにソファを置かないことで広く開放的になることを述べましたが、せっかくなので余った空間を別のことに使ってみてはいかがでしょうか。

例えば、リビングやダイニングの近くに家事室があると便利なものです。

家事室を単体で作るのはスペース的に難しくても、リビングの空いたスペースにデスクを置いてチェストなどで区切るだけの家事室ならばすぐにでも作ることができます。

アイロンをかけたり洗濯物を畳んだり、レシピの整理なども楽しくできそうです。

時間帯を分けて書斎として使えば、一石二鳥の使い方と言えます。

また、リビングの片隅にキッズスペースを作るのも良いでしょう。

腰くらいの高さの小さな本棚でお部屋を区切り、中に絵本を入れて小さなお部屋にしてみましょう。

子どもは小さいので外が見えずに遊びに集中することができますし、親からは中が見えるので安心して子どもを見守ることができます。

遊びだけではなく、天蓋付きのカーテンなどを天井から吊るして、お昼寝のスペースを兼ねても良いでしょう。

さらに、ペットを飼っている方なら、キッズスペースではなくペットスペースを作っても楽しいかもしれません。

キャットタワーや大型のケージなど、スペースの関係で諦めていたものを置くこともできるようになります。

過ごしやすいリビングに決まりはない

ソファを置かないリビングにメリットはたくさんあり、楽しみ方もたくさんあることが分かりました。

しかし、スペースに余裕があったりのんびりと座ってくつろぎたい方はソファを置いたリビングも良いでしょう。

家族みんなが笑ってくつろげる、そんな過ごしやすいリビングを作ってみてください。