テーブルをヴィンテージ加工したい!DIYの方法をご紹介

ヴィンテージ加工されたテーブルは趣があって、かっこいいですよね。

ヴィンテージ加工を専門の業者に依頼するという方法もありますが、コストと時間がかなり掛かってしまいます。

コストや時間を掛けたくない場合は、DIYでもヴィンテージ加工することができますよ。

今回は、簡単なものから自宅でつくれるものまで、DIYの方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

料理の時間を快適に!使いやすいキッチンスツールの高さは?

キッチンスツールは、ハイスツールより低くダイニング用スツールより座面が高いのが特徴です。一般...

ベッドルームのレイアウト!生活動線を意識した快適なお部屋

お家の中で、ベッドルームというのは日々の疲れを癒してくれる重要な空間です。そのベッドルームが...

人気のベッド用すのこ!使用される木材4種の特徴を徹底解説

寝汗や室内の環境、メンテナンスがしにくいことからも、ベッドには湿気が溜まりやすいものです。主...

ホテルのベッドで気になる物!足元に掛けられた布の正体は?

ホテルのベッドの足元に掛けられている布は、一体何なのか気になったことはありませんか?普段の生...

ニトリのテーブルで快適な一人暮らし!おすすめ商品はこれ!

一人暮らしをはじめるにあたり、インテリアの中心となるものの一つがテーブルです。限られた空間の...

失敗しないテーブルの天板選び!無垢材について知っておこう

木製のテーブルを購入する際には、デザインや色味、サイズはもちろんのことながら、天板に使用している...

リビングのテーブルからブルックリンスタイルは始められる!

クールでスタイリッシュなインテリアスタイルとして人気が高いブルックリンスタイル。インテリアに...

ベビーベッドマットレスのカビ対策!おすすめグッズやベッド

ベビーベッドは、場所を取る上使用する期間が短いため、購入に悩んでしまう方も多いでしょう。また...

リビングのテーブルは丸型を選んでおしゃれに使いやすく!

皆さんの家のリビングには、どのような家具が置かれているのでしょうか。ソファなどくつろげる...

あると便利なスツール!木製で折りたたみ式のものをご紹介!

スツールは一つあると、とても重宝するアイテムといえるでしょう。キッチンやリビングなどいろいろ...

新築一戸建てへの引っ越し、家具はどのくらいの予算が必要?

新築に引っ越しをするとき、嬉しさや喜びの反面、不用品の処分費用に引っ越し費用の捻出など、金銭的な...

快適に過ごせる無印良品のリクライニングチェアの魅力とは!

無印良品のリクライニングチェアと言えば、ハイバックリクライニングソファが有名です。このリクラ...

テーブルを塗装してアンティーク風に仕上げてみよう!

古きよき時代に誕生したアンティーク家具は、現代においても魅力的な物です。インテリアにとり入れ...

近年劇的に進化しているマッサージチェアの効果とは?

一昔前までのマッサージチェアは、機械的に揉み玉を動かして背中を刺激するだけといったものが多かった...

お部屋と自分に合ったソファ選びを!2人がけのおすすめは?

2人で使用することができる2人がけソファですが、その種類は実に様々です。定番のベンチタイプや...

スポンサーリンク

ヴィンテージ加工とは?

ヴィンテージ加工とは、長年使い込まれた風合いが出るように加工を施したもので、「エイジング加工」とも言います。

このエイジング加工をすることで、家具をヴィンテージ風でおしゃれに仕上げることができます。

わざと釘やハンマーでキズをつけたり、やすりで削ったり、塗装の方法を変えたりすることで、使い込まれたような風合いを出します。

こういった加工をテーブルに施す場合、業者に依頼すると、天板を持っていって加工することになるので、その間、テーブルを使うことができません。

仕上がりまでの期間は、業者の混み具合にもよりますが、2週間から1か月ほど見ておいたほうが良いでしょう。

また、良い塗料が使われているテーブルですと、その塗料を剥がすことからはじめなくてはならないので、その分、費用が掛かります。

人件費や加工費などを考えると、「ちょっと良いテーブルが買えてしまうのでは?」と思うくらいに、費用が掛かる場合があります。

そこで、DIYでテーブルをヴィンテージ加工してみましょう。

加工の仕方はいくつかあるので、仕上がりなどの好みに合わせて選んでください。

DIYでテーブルのヴィンテージ加工!まずは準備

では、DIYでテーブルのヴィンテージ加工のやり方をご紹介しましょう。

テーブルの場合、天板の表面が塗装されている場合は、電動ヤスリなどで表面の塗装を剥がしてから、ヴィンテージ加工を行うことになります。

塗装を剥がすのは、大変な作業になるので、塗装のされていない無垢材を使うか、テーブルの天板サイズに合わせた無垢材を用意し、ヴィンテージ加工をしてから、接着剤で貼りつけるという方法もあります。

【用意するもの】

・軍手
・サンドペーパー 荒い目のものと細かい目のものを用意してください。

・ハンマー&木ネジ 木材にキズをつけるために使います。

・カッター 木材の角を削るのに使います。

・食器用スポンジ ワックス塗装に使います。

・ブラシ ワックスを定着させるために使います。

・ウエス いらなくなった布、雑巾などで良いでしょう。

・ビニールの手袋 塗装のときに手が汚れるのを防ぐためです。

・ステインなどのワックス 好みに合わせて買いましょう。

以上、事前に用意してから、ヴィンテージ加工を行いましょう。

DIYでテーブルをヴィンテージ加工!「ステイン」って何だ?

ヴィンテージ加工を行うときに、「ステイン」という言葉が出てきます。

「ステイン」とは、DIYのヴィンテージ加工には欠かせない塗料のひとつです。

ステインには、「水性」と「油性」の2種類があります。

【水性ステイン】

・薄めるとき → 水
・洗うとき  → 水
・匂い    → 弱い
・ツヤ    → マットな仕上がり

【油性ステイン】

・薄めるとき → 専用のうすめ液
・洗うとき  → ペイントうすめ液か刷毛洗い液
・匂い    → 強い
・ツヤ    → 濡れツヤが出やすい

このような差があり、水性ステインは扱いやすいのですが、仕上がりは油性のほうがきれいなので、テーブルのヴィンテージ加工をする場合は、油性をおすすめします。

ステインは、一般的な塗料のように表面に膜を張るのではなく、木材に染み込むことで、木目を浮かび上がらせることができ、ヴィンテージ加工には欠かせない塗料になります。

また、ステインは一般的な塗料のように膜を張らないので、木材を保護できません。

そのため、ステインを塗った後は、ニスやオイルフィニッシュを使って仕上げる必要があります。

テーブルのヴィンテージ加工をDIYでトライ

それでは、DIYでヴィンテージ加工をしていきましょう。

【ヴィンテージ加工の下準備】

①仕上がりが良くなるように、サンドペーパーで木目に沿って、きれいに磨いていきます。

はじめは荒い目のサンドペーパーで磨き、その後、細かい目のサンドペーパーで磨くと、よりきれいに仕上がります。

このように表面にサンドペーパーをかけるのは、ステインが木材に染み込みやすくするためです。

②カッターを使って、テーブルの天板や角などを削り、サンドペーパーで磨きます。

③ウエスで細かい木くずなどをしっかり取り除きます。

触ったときに、木くずが手につかなくなるまできれいに取りましょう。

この作業は地味ですが、これをやることによって、仕上がりに差がでます。

天板の大きさや、塗装の仕方によっては、電動ヤスリを使わなくてはならない場合もあります。

まずは、この下準備をしておきましょう。

【ダメージでヴィンテージ加工】

木ネジやハンマーを使って、板にダメージつけます。

ダメージ加工ポイントは、ランダムにキズをつけることと、やり過ぎないことです。

①ハンマーを使い、板全体にキズをつけていきます。

②木ネジを板の上に乗せ、ハンマーで叩きます。

③木ネジの尖ったほうで、板にさらなるダメージをつけます。

④塗装をすると、キズをつけた部分に塗料が入り、濃淡がはっきり出ます。

【ステインを塗る】

下準備をしたら、ブラシや刷毛を使って、ステインを塗っていきます。

①オイルステインをよく混ぜます。

よく混ざっていないと塗ったときにムラができてしまいます。

②木口から塗りはじめ、木目に沿って全体を塗っていきます。

③ウエスで余分なステインを取りながら、塗り込みます。

④しっかり乾かしたら、ニスやオイルフィニッシュを塗って、乾いたら完成です。

DIYでテーブルをリメイク!仕上げ材いらずのヴィンテージ加工

仕上げ材のいらない、DIY用のヴィンテージ加工塗料があるので、ご紹介しましょう。

それは、「ヴィンテージワックス」です。

国産の「えごま」を使用している植物油でつくられており、木の呼吸を妨げず、素材の良さを引き出します。

塗りやすくなめらかで、安心安全なワックスです。

使い方は簡単です。

①ビニール手袋をはめ、ブラシにヴィンテージワックスをつけます。

②ダメージでヴィンテージ加工したテーブルに、細かい部分からブラシでワックスを塗っていきます。

四隅や木が重なっている細かい部分は塗りにくいため、最初に塗ってしまいましょう。

③食器用スポンジや大きめのブラシなどで、天板全体を塗っていきます。

④余分なワックスをウエスで拭き取りながら、塗り込みます。

⑤約24時間乾燥させたら、完成です。

テーブルの色を濃くしたいときは、2度塗り、3度塗りと繰り返し、好みの濃さにしてください。

ヴィンテージワックスは、塗った直後は油が浮いている状態なので、色移りに注意しましょう。

完全に乾いたら、色移りはしません。

1度目の塗りをわざとムラがあるように塗り、2度目に均一に塗ると、ヴィンテージ感が増す仕上がりになります。

DIYでテーブルをヴィンテージ加工!自宅でステインをつくる

自宅にあるものを使ってステインをつくる方法があるので、ステインもDIYしましょう。

用意するのは、スチールたわしと食用の酢です。

このふたつを使って、ステインをつくります。

つくり方は簡単で、適当な容器に酢を入れ、スチールたわしを浸すだけです。

酢にスチールたわしを入れることで、化学反応を起こし、スチールたわしがどんどん錆びていきます。

このときに出る赤錆が、ヴィンテージ加工にぴったりのステインになるというわけです。

目的は錆びさせることなので、スチールたわしは金属100%のものを使ってください。

早く錆びさせたいときは、繊維の細かいスチールたわしを使うと良いでしょう。

スチールたわし以外の金属、例えば釘などを使ってもつくれます。

赤錆のステインができたら、通常のステインと同じように、テーブルの表面に塗って、ウエスで染み込ませましょう。

少しグレーがかったような、ヴィンテージ加工になります。

テーブルをDIYでヴィンテージ加工

このように、DIYでヴィンテージ加工を行うときには、専用の塗料「ステイン」を使うと簡単に、古い使い込まれた風合いを出すことができます。

また、下準備を丁寧に行うことで、仕上がりがきれいになるので、下準備はしっかり行いましょう。

ステインを使うと、テーブルだけでなく、缶やビンなども塗るだけでヴィンテージ加工ができるので、ぜひ試してみてください。