ソファとテーブルの高さを決める!目的ごとの高さをご紹介!

ソファとテーブルの高さを決めるのは、非常に難しいことです。

それぞれの高さ関係が変われば、「使いやすさ」「与えるイメージ」などが異なってくるからです。

そのため、この記事ではソファとテーブルの適切な高さについて詳しくご紹介します。

目的ごとに、ソファとテーブルの高さについて学びましょう。

きっと満足のいくソファとテーブルを購入するのに役立つはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シングルベッド2台置きとキングサイズ1台ならどちちを選ぶ?

「ベッドを単体で使用する予定がある」などの理由から、シングルベッドを2台並べて置いているというご...

カフェテーブルのようなおしゃれな「こたつ」を見つけよう!

「こたつ」は、日本人にとってなじみの暖房器具ですよね。最新家電が普及する近年でも、人気が衰え...

スツールに欲しい2大機能!キャスター+収納で生活を便利に

スツールに備わっている機能には、多くのものがあります。なかでも便利と言われるのが、「収納がで...

いつも使っていた椅子が勝手に下がる!原因や修理方法は?

オフィスチェアなどによくある、レバーを引くことで座面の高さを調節することができる椅子。そうい...

家具は買わずにレンタルがお得?おすすめしたい理由とは?

生活していく上で必要な家具を、買わずにレンタルできるサービスがあるのはご存じでしょうか。単身...

無印のソファチェアでコーディネート!ダイニングを快適に

ダイニングにソファチェアを合わせて、おしゃれで快適な空間を作ってみませんか?「ソファチェアを...

赤ちゃんのお風呂グッズ!バスチェアの使い方や注意点は?

生後1ヵ月を過ぎた赤ちゃんは、ママやパパと一緒にお風呂に入れるようになります。そこで、「赤ち...

処分にお金を掛けたくない!ベッドの引き取り無料サービス

不要家具の中でもベッドはサイズが大きく、処分には頭を悩まされるものですよね。ゴミとして処分す...

ユニットシェルフのおすすめ!キッチンにぴったりのアイテム

ものが多い場所であるキッチンに設置する棚は、ユニットシェルフがおすすめです。今回は、キッチン...

寝具は風水で選ぼう!寝ている方角別のおすすめ寝具の色とは

しっかりと眠って一日の疲れを取り、翌日に良い目覚めを迎えるためにも、寝室のインテリアはとても大切...

和室の畳部屋にベッドを置く場合の対策とベッドの選び方!

和室の畳部屋には、ベッドよりも布団のイメージがありますが、ベッドでもコーディネート次第で、和室の...

テーブルの天板にタイルを使って自分好みにリメイク!

使い込んで古くなったり、天板が汚れてしまったりしたテーブルを、タイルを使ってリメイクしてみません...

ハイスツール(アイアン)購入前に!失敗しない選び方とは

キッチンカウンターにハイスツールを置くと、料理中に一休みできますし、誰かとおしゃべりしながら料理...

ハイスツールの選び方!ヴィンテージ風デザインのものを紹介

スツールにはいくつか種類があり、部屋のどこに置くかで選ぶスツールの種類も変わると聞きます。そ...

布団乾燥機で布団がふんわり!気になるベッドでの使い方は?

雨が続く季節や、花粉が多く舞う時期は、なかなか屋外で布団を干すことができません。また、日中忙...

スポンサーリンク

目的によってソファとテーブルの適切な高さは変わる!

ソファとテーブルの高さによって、居心地の良さは変わってきます。

では、ソファとテーブルの高さを考慮するにあたって、その使用目的をいくつか挙げてみます。

・食事をするため
・書き物をするため
・くつろぐため
・作業をするため

以上の四つの目的を踏まえた上で、ソファとテーブルの高さを決めることができるでしょう。

作業することが目的であれば、適切な高さのソファとテーブルを設定しなければ、作業をしている際のストレスが増えてしまいます。

しかし、くつろぐためなどの目的でソファを使用するのであれば、テーブルをメインで時間を過ごすわけではないので、ソファにいる時に居心地が良くなるような高さのテーブルを設定してあげる必要があります。

目的ごとにふさわしいソファとテーブルの高さが存在することがわかります。

そこで次項から、目的ごとの適切なソファとテーブルの高さについて詳しくご紹介します。

食事に適したソファやテーブルの高さ

ソファに座っている時に食事をすることが多いのであれば、ソファとテーブルを食事のしやすい高さに設定しておかなければなりません。

食事をするのは毎日のことですから、食事のしにくい高さにソファとテーブルを設定してしまうと、大きなストレスを感じてしまうことでしょう。

そのようなストレスを抱えないようにするためにも、ソファの座面からテーブルの高さを27~30cmに設定することをおすすめします。

この場合は27~30cmですので、3cm程の幅があることがわかります。

自分でソファに座ってみて、食事を取りやすいと感じることができる高さに設定するようにしましょう。

あまりに低すぎる高さに設定してしまうと、食事をしている最中に常に腰をかがめていなければならないため、腰痛の原因になりかねません。

そのような居心地の悪い高さを避けるためにも、ソファの座面からテーブルの高さまでの距離を27~30cmにして、友人の家などでまずは実際に食事を取ってみてください。

実際に食事をすることによって、動作しやすい高さなのかどうかは判断することができるでしょう。

書き物をするためのソファやテーブルの高さ

書き物をするためなら、ソファの座面からテーブルまでの高さには、8~30cmがおすすめです。

かなり高さ設定に開きがあると思われるのではないでしょうか。

人によって座高の高さが異なりますし、何かの書き物をしている時に心地良く感じることができる高さも異なってきます。

そのため、ソファの座面からテーブルまでの高さを8~30cmの間で調整することができるでしょう。

具体的なソファとテーブルの高さを決める上で役立つのは、「自分の感覚」です。

実際に家電量販店や友達の家のソファとテーブルの高さを試してみて、何かを書いている時に、心地良く感じることができる高さを測っておきましょう。

そうすれば、自分がソファとテーブルを購入しなければならない時に、好みの高さを把握することができます。

自分の友人の部屋にあるソファとテーブルの高さが気に入っていて、書き物がしやすいと感じるのであれば、その高さを測っておくことができます。

そして、家の勉強部屋にソファとテーブルを置きたい時に参考にすることができます。

人それぞれ何かを書いている時の感覚が違うため、自分に適した高さを見つけることが何よりも大切です。

くつろぎやすいソファとテーブルの高さ

くつろぎやすいソファとテーブルの目安の高さは、ソファの座面の高さから5cm以内の所にテーブルの高さを設定すると良いです。

つまり、ソファの座面とテーブルの高さが同じになる可能性もあり得ることになります。

確かに、ソファの座面とテーブルの高さが5cm以内だと何かのものをテーブルに置く時に腰をかがめる必要が生じます。

しかし、「くつろぐため」のソファとテーブルの高さ設定なので、基本的には何かのものをテーブルに置く作業は少ないことが想定されます。

テーブルの上に物を置きやすい高さにするよりも、ソファに座っている時にくつろぐことができる方がメリットになります。

ソファに座った時にテーブルが視野を遮ることがないため、テレビが見やすくてくつろぎやすいと言えるでしょう。

そして、何かの物を置かなければならない時にも、手を伸ばす範囲でテーブルを使用することができる高さになっています。

作業に適したソファとテーブルの高さ

作業目的となると、ソファの座面からテーブルまでの高さは、27~30cmに設定するのがいいでしょう。

この理由は、基本的には食事をする時と同じような姿勢で作業することが多いからです。

しかし「作業」には、いろんな種類の仕事が含まれるでしょう。

何かの手芸などをすることを念頭に置いているのであれば、ある程度をテーブルの高さが低かったとしても、作業に支障をきたすことはほとんどありません。

なぜなら、テーブルの高さで作業をするのではなくて、テーブルの上のスペースを使いながら編み物などをすることになるからです。

しかし、デスクワークなどでテーブルの上でPCを操作するのであれば、テーブルの高さによって作業をする高さが決まってくることになります。

そのような場合には、長時間作業をしていても苦痛に感じることがない高さのテーブルを置いてあげなければ、作業しにくい高さになってしまいます。

かがみ込んだりしないでパソコンを正面から見たいのであれば、30cm位の高さに設定したとしても問題はないでしょう。

もちろん、人それぞれの座高の高さによって作業しやすい高さも変わってくるため、全ての人に当てはめることのできる適切な高さを決めることはできません。

それでも、PCを正面で見ることができて、PCの文字入力をする時に肩や腰に負担がないような高さを選ぶことができれば、長時間のデスクワークの負担を軽減することができるはずです。

部屋を広々と見せることができるソファとテーブルの高さ

部屋を広々と見せるためには、ソファの座面よりも低い高さのテーブルを取り入れるのがおすすめです。

そうすることによって、テーブルが部屋のスペースを妨げているような印象を与えずに済むからです。

「ソファの座面よりもテーブルの高さを低くする」という点を意識することによって部屋を広々と見せることができるのは事実ですが、あまりにも低すぎるテーブルを設定してしまうと不便になるのも事実です。

例えば、ソファの座面よりも10cm以上低いテーブルを取り入れてしまうと、テーブルを利用する時に大きく腰をかがめなければなりません。

そうすると、部屋を広々と見せることができているのは事実ですが、非常に利便性が悪いことに気づかされます。

そのため、ソファの座面よりも10cm以内のテーブルをチョイスすることをおすすめします。

そうすれば、テーブル高さで利便性を損なうことなく、部屋を広々と見せることができる上手なコーディネートになります。

目的に合わせてソファとテーブルの高さを決めよう!

ソファとテーブルの高さを決めるためには、ソファとテーブルを使用する目的についてしっかりと理解していなければなりません。

くつろぐことや部屋を広々と見せることだけを目的としているのであれば、テーブルの高さを低めに設定しても目的を達成することができるでしょう。

目的に合わせてソファとテーブルの高さを決めて、快適な生活を手に入れましょう。