ソファとラグを配置する際に大切なこと!ソファの横幅を確認

ソファとラグの配置について考えているときに「この大きさのソファには、どのくらいのサイズのラグがちょうど良いのだろうか」と、疑問に感じたことはありませんか?

この記事では、ソファとラグのバランスの良い配置方法についてご紹介していきます。

ソファに腰をかけたり、ソファ前のラグのスペースでくつろげる部屋づくりに役立つ情報となっています。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

外しづらいメタルラックの棚板!分解を簡単に行う方法を伝授

メタルラックをインテリアに取り入れている方は多いのではないでしょうか。衣類や食器、本などさま...

デニムソファの魅力を引き出すおすすめのコーディネート!

ファッションでは定番のデニムですが、実は近年インテリアとしても人気を集めています。その中でも...

失敗しないテーブルの天板選び!無垢材について知っておこう

木製のテーブルを購入する際には、デザインや色味、サイズはもちろんのことながら、天板に使用している...

オフィス・キャンプで使えるハイバックチェアのおすすめは?

現代では、デスクに向かって仕事をする機会も多くなり、チェアが必要になることも多くなっています。...

ベッドフレームのおすすめ!ダブルも選べるおしゃれなベッド

ネット通販で、取り寄せ可能でおしゃれなデザインが人気のベッドフレームをご紹介します。ベッ...

テーブルのおすすめの置き方!一人暮らしの部屋に置くなら?

一人暮らしの部屋は、ワンルームや1Kなどで、あまりスペースがないことが多いでしょう。家具を置...

家具の買取はどこがおすすめ?高く買取されるコツと注意点

結婚をする時や新築を建てた時など、引越しをする時に悩むのが既存の家具の存在です。「新しい家具...

ダイニングテーブルのチェアは高さがポイント!選び方は?

食事をするダイニングテーブルは比較的大きな家具のため、部屋の雰囲気にも大きく影響してきます。...

お洒落に傷補修!テーブルの天板にリメイクシートが使える!

テーブルの天板の傷の補修作業は、家具専用補修キットを使い着色して傷を隠したり、専用パテなどで埋め...

スツールに欲しい2大機能!キャスター+収納で生活を便利に

スツールに備わっている機能には、多くのものがあります。なかでも便利と言われるのが、「収納がで...

人気のベッド用すのこ!使用される木材4種の特徴を徹底解説

寝汗や室内の環境、メンテナンスがしにくいことからも、ベッドには湿気が溜まりやすいものです。主...

木製シェルフは部屋に温かみを生む!高機能で薄型がベスト

シェルフは収納に欠かせない家具の1つです。収納だけでなく、部屋の間仕切りとしても使えるため、...

和室に合う家具にはどんなものがある?ニトリで探してみよう

和室が落ち着くという理由から、自宅には和室がある人も多いのではないでしょうか。今回は、和室に...

折りたたみできる!パイン材のテーブルは無印良品がおすすめ

部屋のちょっとしたスペースに、勉強用やパソコン用の、背の高いテーブルを置きたいとお考えの方はいら...

カフェテーブルのようなおしゃれな「こたつ」を見つけよう!

「こたつ」は、日本人にとってなじみの暖房器具ですよね。最新家電が普及する近年でも、人気が衰え...

スポンサーリンク

ソファとラグを配置するメリット

ソファと一緒にラグを配置するのはなぜでしょうか。

それぞれを配置することによって、以下のようなメリットを得ることができます。

・足元が冷たくない
・床に横たわりやすくなる

まず、ソファと一緒にラグを配置するメリットとして挙げられるのは、「足元が冷たくない」ということです。

例えば、ラグを配置していない状態だと、ソファに座っているときに足が直接フローリングなどに当たるため、冷たく感じてしまうことがあります。

しかし、フローリングの上にラグが配置されていれば、フローリングの冷たさを感じることがなくて済みます。

ラグの種類によっては、足元が気持ち良く感じることでしょう。

さらに、2つ目のメリットとして、「床に横たわりやすくなる」という点を挙げることができます。

冷たくて硬いフローリングの上に横たわることはあまりないかもしれませんが、ラグが配置されていれば、その部分に横たわったときに居心地良く感じることができるでしょう。

ソファに座ることもラグに横たわることも、同じ部屋で自由に行うことができます。

では、具体的にはどのようにソファとラグを配置することができるのでしょうか。

ソファやラグを配置する順番

ソファとラグを一緒に配置するのであれば、「ラグ」「ソファ」の順番で配置すると良いでしょう。

そのため、床の上に最初にラグを配置することになります。

ソファの下の部分にラグが少しでも重なるのであれば、ラグを最初に配置することによって、後からソファを置きやすくなります。

ラグの上からソファを配置すれば、ラグとソファの重なる部分の大きさを自由に調整することができるからです。

さらに、ソファを最初に部屋の中に置いてしまうと、ラグを敷くときにソファを動かさなければなりません。

そのような作業を行わないで済むためにも、「ラグ」「ソファ」という順番で配置すれば良いことがわかります。

また、ソファが置かれていない状態の部屋だと、どのスペースにも自由にラグを敷きやすくなるでしょう。

ラグを配置する前にソファの横幅を確認する

さて、ラグを配置する前に最初に確認すべきなのは、どんな点でしょうか。

ラグを配置する前には、「ソファの横幅」について確認するべきです。

そうすることによって、ソファと一緒に並べて配置したときにバランスの良い大きさのラグを選択することができます。

逆に、ソファの横幅を確認しないでラグを購入してしまうと、両方を一緒に配置したときに、ソファの横幅と比べてラグがものすごく小さかったり、大きすぎてしまうこともあります。

この点からも、ラグの大きさはソファの横幅によって変わってくることがわかります。

そのため次項からは、ソファの横幅に適したラグの配置について詳しくご紹介します。

ソファの大きさはメーカーによっても異なってきますが、「2人もしくは2.5人掛け」「3人掛け」「ソファを2つ配置した場合」の3つのパターンを考えてみましょう。

ラグをソファと一緒に配置する際に役立つ情報になります。

2人もしくは2.5人掛けのソファとラグの配置

2人掛けのソファは、だいたいどのくらいの大きさなのでしょうか。

2人掛けのソファの場合は、幅が約1300mmあることになります。

そして、この1300mmのタイプのソファと一緒にラグを配置したいのであれば、ラグの大きさは、1400mm×1000mmでちょうど良いと言えるでしょう。

ソファの横幅とラグの大きさを比較してみても、100mmだけラグの横幅が大きいことがわかります。

そのため、ソファとラグを横に並べて配置したときに、片方だけが大きすぎて片方が小さいというアンバランスな状況を防ぐことができます。

ソファに座っているときは、ほとんど同じ横幅のあるラグが足元に配置されているため、ラグがフローリングの冷たさから足を守ってくれます。

では、2.5人掛けのソファの場合は、どのような大きさのラグを選択すれば良いのでしょうか。

2.5人掛けのソファの多くは、横幅が約1650mmあります。

そのため、2.5人掛けのソファには、1800mm×1200mmの大きさのラグを配置することをおすすめします。

そうすれば、ソファの横幅よりも150mm大きいラグを配置していることになります。

2.5人掛けのソファの場合は、少なくとも2人以上が一緒に腰をかけられるソファになるためため、少し大きめのラグを選択すると利便性が高まります。

なぜなら、2人が同時にソファに腰をかけているときに、ソファの外側の部分に足を伸ばしてくつろぐことが想定されるからです。

しかし、少し大きめのラグを配置しておけば、足を外側に伸ばしたときにも、ラグの外に足が伸びてしまうのを避けることができます。

3人掛けのソファとラグの配置

3人掛けのソファの場合は、横幅が約1800mmあることになります。

そのため、必然的にソファと一緒に配置するラグの大きさも、ソファの横幅に合わせて大きくしなければなりません。

このような大きなタイプのソファと一緒に配置するラグの大きさは、2000mm×1400mmだとちょうど良いです。

2000mm×1400mmということはラグの横幅が2m以上あることになるため、かなり大きめのラグを選択しています。

そして、奥行きが1.4mありますので、ソファの前のラグのスペースがたくさんあることがわかります。

3人掛けのソファがある家庭の多くは、子供がおられることでしょう。

ソファの前のラグのスペースを有効活用して、横になってくつろぐことができるソファとラグの配置と言えます。

ソファを2つ置いた場合のラグの配置

ソファを2つ置いた場合には、ラグをどのようにして配置することができるのでしょうか。

最低でも、2000mm×2000mmの大きさのラグを配置することをおすすめします。

ソファを2つ配置するので、ラグも大きくしてバランスを良くすることができます。

そして、2000mm×2000mmの縦と横の部分にそれぞれソファを配置すれば、足元をフローリングの冷たさから守ることができます。

さらに、場合によってはラグの上にテーブルを置いて、食事などを楽しむこともできるでしょう。

家族ごとのライフスタイルによって、ラグが配置された部分の使用方法は異なります。

家族がだんらんするためにラグの上に何も置かないで、気が向いたときにはソファの前で家族みんなで横になることも可能です。

ラグのスペースが多く確保されているため、それだけラグの上のスペースを有効活用できることがわかります。

部屋のスペースが十分に確保されているのであれば、2つのソファの前に大きめのラグを配置することをおすすめします。

ソファとラグの配置を考えるときにはバランスが大切!

今回ご説明したように、ソファとラグの配置を考えるときには、バランスが大切であることがわかります。

そのため、ラグを購入する前にソファの横幅を計ることをおすすめします。

ソファの横幅によって、バランスの良いラグの大きさも異なってくるからです。

実際にラグを購入するときには、ソファの横幅と同じくらいの大きさや、少し大きめのものを選べば、そのスペースで十分くつろぐことができるでしょう。